add share buttonsSoftshare button powered by web designing, website development company in India

機器管理

デバイスの追加


LAN デバイスを追加:(1)
デバイス管理インターフェイスを入力します (2)LAN デバイスをリフレッシュする (3)デバイスを確認し、[追加]をクリックします(フィルタ ボックスに IP/ID を入力して LAN デバイスをフィルタ処理できます)。


クラウドIDデバイスの追加
:手動でデバイスのクラウドID番号+チャンネル番号を入力し、デバイスの実際の状況に応じて「タイプ」を選択し、残りは確認するためにクリックすることができます(パスワードは、デバイスの実際の設定に応じて選択することができます)


IP/DDNSデバイスを追加
する:デバイス’IP/DDNS +ポート+チャネル番号’を手動で入力し、デバイスの実際の状況に応じて「タイプ」を選択し、残りはOKをクリックすることができます。

LAN add
LAN 追加

Manual input addition

Manual input addition

Manual input addition

デバイスの変更


デバイスの変更
:デバイス管理またはプレビューインターフェイスで、デバイスを選択して[変更]をクリックすると、デバイスインターフェイスがロードされます。


地域の変更
:デバイスインターフェイスの変更で、領域ドロップダウンボックスをクリックします。


グループ変更
:デバイス管理インターフェイスの下のグループを選択した後、変更されたグループ情報インターフェイスをロードするために変更ボタンをクリックします。

注:デバイスのチャンネル番号に対応するチャンネル名、パノラマ、チャンネルタイプを変更します。

各シリアル番号に対応するパノラマまたはチャンネルタイプは独立しています。

デバイス内のチャネル デバイスは、パノラマ状態である必要があります。 パノラマを変更するには、対応するチャンネルシリアル番号を選択します。 そしてチャンネルタイプ

Device modification
デバイスの変更

Grouping
グループ

リモート設定

VR CAM/ゲートウェイ リモート設定


セットアップ手順
:(1)選択したデバイス (2)[設定]/[デバイスの接続] をクリックし、[リモート設定] ボタンをクリックします (図 1 参照)。


デバイス情報
:コンテンツには、デバイスモデル、デバイスID、OEMシリアル番号、ファームウェアバージョン(チェックアップデートを提供)が含まれます。

機能設定:音声、プロンプトトーン、プロンプト言語、表示モードと解像度を設定できます。


アラームシステム
:コンテンツには、動き検出、メッセージプッシュ、モーション検出感度、同期時間機能が含まれます。 夏時間の設定が可能な場合は、夏時間を設定できます。


TFカード設定
:TFカードの状態、利用可能/総容量、TFカードフォーマット機能

メモ:

(1)アラームメッセージプッシュはローカルログインではサポートされていません。 クラウドログインステータスに切り替えるには、チェックする必要があります。

(2)現在、リモートセットアップ用のVR CAM/ゲートウェイデバイスをサポートしています。

Remote setting interface
リモート設定インターフェース

D82シリーズNVRリモート設定


セットアップステップ
:(1)選択したデバイス (2)[設定]/[デバイスの接続] をクリックし、[リモート設定] ボタンをクリックします。


  • 一般的な設定:
    デバイスのタイムゾーン、日付形式、日付、時刻、ボタンサウンド、OSDの透明度、VGA解像度を設定します。
  • チャンネル設定:

    • コーディング設定:
      各チャネルのエンコード モード、プライマリ ストリームとセカンダリ ストリームの解像度、コード ストリーム制御、コード ストリーム レート、ビデオ フレーム レート、およびエンコード形式を設定できます。

    • 色調整:
      各チャンネルのトーン、コントラスト、明るさ、彩度を調整し、他のチャンネルにコピーできます。

    • チャネル OSD:
      各チャンネルのタイトル、表示ステータス、通信品質を変更できます。

    • ビデオ検出:
      各チャネルアラームの持続時間、検出タイプ、感度、各種アラーム情報プッシュ、検出エリア選択、展開時間選択を有効にするかどうか、変更可能で、他のチャンネルにコピー可能

    • コード ストリーム値:
      各チャネルのリアルタイム ストリームを監視する

    • チャンネルの詳細:
      各チャネルのプライマリ ストリーム、セカンダリ ストリーム、およびソフトウェア バージョンを表示する

  • 録画設定:
    各チャンネルの録音タイプと時間を設定できます。 タイミング、動き、アラームの3種類があります。
  • ネットワーク設定:

    • ネットワーク設定

      :
      DHCP を使用するかどうかを変更できます。 [いいえ] を選択した場合は、NVR の IP アドレス、サブネット マスク、ゲートウェイ、DNS アドレス、および WEB ポートを変更できます。

    • 動的ドメイン名:
      DDNS を使用するかどうかを変更できます。 「はい」の場合は、プロバイダ、ドメイン名、ユーザー名、パスワードを変更できます。

    • PPPOE:
      PPPOE を有効にするかどうかを選択します。 PPPOE プロトコル、ユーザー名、およびパスワードを変更できます。 PPPOE ステータスと PPPOE IP アドレスを表示できます。

    • ワイヤレス設定:
      ESSID の表示、ワイヤレス チャネルの変更、エリアの変更が可能
  • システム設定:

    • デバイス情報:
      デバイス名、デバイスモデル、デバイスシリアル番号、ソフトウェアバージョン、リリース時刻、クラウドIDを表示

    • ログ情報:
      入力タイプ、開始時刻、終了時刻を選択し、「検索」をクリックして、条件を満たすログ番号、時刻、およびコンテンツを表示します。

    • ユーザー管理:
      シリアル番号、ユーザー名、スーパーユーザーかどうか、新しいユーザーを作成、ユーザーを編集、ユーザーを削除、パスワードの変更

    • 工場出荷時の設定:
      単純な復元を選択 (チャネルとネットワーク構成を無視する)、すべて復元 (すべての構成を復元)

    • オンライン アップグレード:
      ローカルアップグレードファイルを選択し、ファームウェアのアップグレードをクリックします。

デバイスのグループ化


グループ:(1を作成
する)[グループの作成] ボタン (2)”グループ名ボックスに内容を入力し、[OK] をクリックします。


チャンネルを追加
する :

enter:(1)作成したグループを選択します (2)[チャンネルの追加]ボタンをクリックします。

選択をインポート:(1)選択したチャンネル(2)選択したグループ (3)インポート選択ボタンをクリックします

すべてインポート:(1)選択したグループ(2)クリックしてすべてのボタンをインポートします。

変更/削除:

編集: グループを選択し、[変更]ボタンをクリックして変更します。

削除: 選択したグループまたはチャンネルを削除し、削除ボタンをクリックして削除します

Create a group
グループを作成する

Add channel
チャンネルの追加

Modify group
グループの変更

関連記事
(IPプロ、eseecloud、VRカムアプリに適用可能)

序文

序文 当社の製品を使用してようこそ! 私たちはあな

続きを読む »

IP pro(VR Cam,EseeCloud)